読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなつもりじゃなかった

人生の難易度が高すぎる

どん底です人生

底なし沼にゆっくりと沈んで行くように毎日が無為に溶ける。世間ではGWだと、何かと騒がしいが、全く持って喧噪の外というか……実感がない。それは当然のことで、予定もない日々を過ごしていれば日付や曜日の感覚が疎くなる。

現在の僕はニート真っ盛りであり、だいぶ精神的にキツい状況だ。かといって職に着こうと考えて、いざ実行し、求人票を漁り、ハロワ等に向かう、そのような行動を起こしても数時間経てば嫌になってしまう。「もう何もしたくない」脳が思考停止する。

 

つい先日、久しぶりにアルバイトを始めた。職種は伏せる。

採用を受け、翌日からの勤務。これが思った以上に激務であった。バイト先の社員と談笑しつつ、仕事はいくらか覚えて、その日のアルバイトは終了した。しかし、帰り道、僕はもう既にやめることを決意していた。たったの一日、これだけで心がボロボロに折れた。

 

それから数日立たないうちに別のアルバイトに応募。某運送会社の求人だが、実際に面接を受けた時に、希望の種類のバイトが現在募集されていないという事実が発覚。なので即刻辞退した。採用係のオジさんは人の良さそうな雰囲気で、「また何か縁があればよろしくお願いします」と言ってくれた。

そこから世間話を十五分くらいして、僕はその場を後にし、自己嫌悪と遣る瀬なさで押しつぶされそうになった。職種を選んでる場合かよ、心の中でもう一人の自分がそう突っ込んだ。

帰り道、自分と歳が三つ四つしか変わらないような歯科大のボンボンの大学生の群れを遠目に、公園で缶コーヒーを啜った。タバコを吹かしながら、色々なことを考える。——いっそのこと死ぬか?

もちろんそれが不可能なことは百も承知だった。自殺が出来る勇気があるなら自分はとっくにしている。過去どれだけ悲惨な思いをして来ても自分はその最後の選択を決して選ばなかったのだ。

これからも、ただ惰性で生きていくことは想像に難くない。