読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなつもりじゃなかった

人生の難易度が高すぎる

どうして純粋なままで居られないのだろう。

夜の街を歩く、オシャレで高価な服やアクセサリーを身に纏っている綺麗なお姉さん方も、小さな頃には恐らく公園でブランコを漕いだり砂遊びをしたことがあるはずだ。

いつの間に彼女達は大人になり、遠い場所に行ってしまうのだろうか。

 

そんなことを思って歩く夜の街。